不妊治療の最終手段

カウンセリング

不妊治療を受けている人はとても多いです。女性に原因がある場合、男性に原因がある場合、最近では半々だと言われています。卵巣に原因がある場合には卵子提供も視野に入れる必要があります。大阪にも相談に応じてくれるクリニックはたくさんあります。

提供者を探す

卵子提供を受ける場合、卵子バンクから紹介を受けることも可能ですが、中には血縁者の中で提供を受けたいという人もいます。その場合、提供者の体にも大きな負担がかかってくるので、その負担に関する説明もキチンと受ける必要があります。大阪には不妊治療の専門クリニックもたくさんありますが、提供者を探すことがかなり大変という人も多いです。バンクを利用すると近親者から提供を受けるよりも費用がかかってしまうということもあります。

法的に許される場合

卵子提供を受けるということは遺伝子上の親子関係を認めることができない、ということになってしまいます。しかし日本の法律では分娩をした人を母親とするので、戸籍上は問題がありません。法律に関する点もクリニックでしっかりと説明を受けることになるでしょう。大阪にある不妊治療のクリニックの中には卵子提供に消極的なところも多いので、対応をしているクリニックを探しておくとよいでしょう。

広告募集中